体験談に学ぶ復縁を失敗させる二つの事

体験談に学ぶ復縁を失敗させる二つの事

 

1.相手に頻繁に連絡する

復縁したいからといってひたすら相手に復縁を持ちかける必要はない。
それはかえって相手を遠ざける。

 

復縁に成功した人はみな、距離を置くことの大切さを言っている。

 

当たり前にそばにいた相手がいないと、どうしても声を聞きたくなってしまう。
だから連絡を取りたくなるのは仕方がない。

それでも、復縁に効果的なのは距離を置くことだ。

 

二度と一緒になれる日はないのでは…と心配する必要はない。
むしろ距離を置くことで逆に相手に近づいているのだから、どうか喜んでほしい。

 

追われると逃げたくなるのが人の性。
反って自分を見ない相手には振り向いてほしいと思うもの。
あなたが追うかぎり、相手があなたを追うことはない。
追えば追うほど、あなたの優先順位が相手の中で下がっていく。
しまいには連絡が来てもまたくるから、と放っておかれることになる

 

逆に、珍しい相手からの連絡を人はなかなか無碍にできない。

これが距離を置くことが必要な理由だ。

 

二度と会わない覚悟で、しばらくは過ごしてみよう。
この期間がないと何も始まらない。

 

 

2.好意を相手に伝える

これは絶対にいけないというわけではない。
付き合っていた頃は良くても、別れた後にしてはいけないことがある。これがそのひとつだ。

 

別れた直後、相手は一人になりたいと思っている。
心底うっとうしくてたまらないわけではない。あなたのことも考えてはいる。

 

しかし、別れるということで落ちついたはずの相手から好意を伝えられると、相手は疲れてしまう

 

好意を伝えるのはここぞというときに限ってほしい。