体験談から分かる復縁成功の鍵は大人の余裕

体験談から分かる復縁成功の鍵は大人の余裕

 

 

復縁したいと焦っているとつい何度も連絡してしまうかもしれない。
これは自分に余裕がないから起こること。
待つのが不安だからつい相手と話したくなる。
きちんと自分のすべきことがわかっていればそんなことにはならない。

 

復縁したいという気持ちを相手にぶつけすぎると相手は引いてしまう。

 

意思は大切に。しかしその前に自分を客観的に見つめなおすこと。
別れた原因は、今までの自分の行動を見つめなおすことによって現れてくる。
まさかそんな、と思うかもしれない。しかしこれは本当。

今まで自分の見えていなかったものが見えてくるはず。それくらい客観視の効果は侮れない。

 

そのためには焦っても仕方がないと言い聞かせよう。
余裕を持つ、と力んではいけない。少しずつ変えていくしかできないのだから。

 

初めのうちは何も見えてこないかもしれない。

でもそのうちに驚くほどいろいろなことがみえてくるはず。

たとえば復縁したいという気持ち。
はじめのうちは固い意志だったとしても、時間がたつにつれて薄らぐこともあるかもしれない。
「なにが何でも」なのか「できればまた…」なのか。
前者は焦りから少し、近視眼的になっている。

 

自分の気持ちが本物か。

 

それを知るためには時間をおいてたしかめて見よう。冷静に考えた後も復縁したいと思うのであれば、気持ちは本物。復縁も上手くいく。

 

自分の気持ちが本物かわかれば自分を見失って感情的になることもない。
復縁しなければいけない、相手がどう思うか、まずはそれをおいておこう。

この先自分がどうなりたいか、自分にとってどうか、それを考えよう。

 

復縁をすると決めた後でも気持ちを客観的に見ることはとても重要。

第三者に助けを求めるのもいい。

一番客観的に物事を見ているのは第三者だからだ。
認めたくない意見にこそ、欠点を直すきっかけがあるかもしれない。

 

余裕があれば、考え方も変わる。そうすれば周りの評価も変わって、それが相手を振り向かせるかもしれない。

焦るより余裕を持って、自分を見直そう。