復縁成功者の体験談に学ぶメール術

復縁成功者の体験談に学ぶメール術

 

 

相手にメールするときは、状況をよく把握しよう。
復縁したいがためにメール攻撃するのは、百害あって一利なし
誤解を解くには有効な方法でも、独りよがりにならず進めることが大切。
メールをすればするほど、復縁からは遠ざかる。

 

返事の催促もいけない
一生懸命書いた内容に返事がないと不安になるのは当然。
でも待ってほしい。相手があえて、返事を放置しているのだとしたら?

催促メールはこの場合、いっそう相手をうんざりさせる。

復縁のためには催促メールは控えよう。

 

メールは少なければ少ないほどいい。

具体的には月に一度が限度。

 

返信がなくても心配することはない。きっと読んではいるはずだから。
返信がないということは、相手はあえてそうしているということ。
そんなときはもう一度放っておくこと。
相手がメールする気になるのを待とう。
絶対にしてはいけないのは返事の催促質問攻め
相手はいやいや返事を返した後、きっと着信拒否にする。

 

返信がきた時は相手の様子を伺いながらメールを返信しよう。
別れたとはいえ、相手はあなたへの興味を一切失ったわけではない。
でもそこで一気に復縁を迫ると相手は引いてしまう

何の関係のない話から始めよう。

話題を豊富にすることで、相手も楽しんでくれる。
ゴールの復縁を目指して、まずは話し易い関係を作ること。

 

返信がないことが続いても気にしないこと。間を空けつつ送り続けよう。
きっとそのうち相手の気も変わる。